がらくたおきば

書くのも描くのも大好きです。
なにかしら感じてくださった方や、
何かを私に作らせてみたいなと思ってくださった方、
コメントよろしくお願いします。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.06.10 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2017.06.10 Saturday

 

深い夢の底で

其処に在るべきものを

足跡よりも濃く

色を残す香りの亡骸に

私の夢に現れる

 

過去の栄光を

過ぎ去ってしまった輝きを

追い求める手を

 

夢に葬れ

 

囁きを闇に馴染ませて

微かな希望を忘れないように
影に寄生した

哀れな恋に負けないように

 

夢を噛み砕け

残された光の中に

救いなど無いのだから

 

 

 


2017.05.29 Monday

 

終えた旅の果てに

幕を降ろそう

 

新しい旅の始まりに

幕を開こう

 

挫折ではなく

小休止

何度でも思い直し

何度でも俯いて

何度だって顔を上げよう

 

幕が上がる

また

何かが始まるよ

 

 

 


2017.05.28 Sunday

雪崩

 

降り注ぐストレス

迫り来るプレッシャー

 

どうしようもない

 

どうにもならない

 

雪崩のように唐突に

ボクらは不安に襲われる

 

名も知らぬ

覚えのない影

 

不安と不満で不確かな日々が荒れる

 

すべては始まり

不満と不安と欺瞞の連鎖

 

 

 


2017.05.24 Wednesday

孤独の鼓動

 

病のように襲い来る

覚醒の光

何かを生み出さんとする

夏の嵐のような

沸き上がる激しい心

 

孤独が生み出す

新しい風

 

理解などされはしない

 

涙の影に消えて逝く

創造の壁

高く遠い楽園

何かを芽生えさせんとする

冬の雷のような

燃え上がる輝きの槍

 

孤独の鼓動

 

産まれ逝く詩は

溢れ出す物語は

春の光のように霞み

秋風のように吹き去って行く

 

これで、いいんだ

 

新しい朝を歓迎しよう

数え切れない苦難の

忘れられない挫折の影を棄てて

明るい世界を見よう

 

孤独の鼓動

止められるだろうか

 

 

 


2017.05.23 Tuesday

夜はまた笑う


始まりの夜

終わりの朝

さあ
夢は終わった

さあ
また歩き出そう

考え方は様々
敗れたと言えば
そう写る
破れたと見れば
そう映る

切り開いた未来を
一度閉ざす
いや、閉ざさない
歩く向きが
向かう先が少しだけ
変わっただけ

始まりの終わり

終わりの始まり

いつかまた
芽吹く
その日は必ず来る

諦めない

夜はまた笑う




2017.05.23 Tuesday

黄金の女神

 

それは、奇跡のような物語。

 

ある老人が、恋人を亡くした哀しみから、

ふらふらと森を彷徨っていた。

 

老人は死に場所を探していた。

これ以上愛する者を失った世界にいても、

自分はきっと、どんどんと腐っていくだけだ。

 

そんな悲しい妄想が、彼を包み込んでいた。

 

そして彷徨い辿り着いた森の奥で、

老人は輝く洞穴を見つけた。

 

いや、輝いていたのは洞穴ではなかった。

 

ほの暗い穴の中を、

まるで太陽が顔を出したかのように眩い光で包み込む。

 

それは、女神だった。

 

黄金に輝く、羽根の生えた女神様。

 

女神は老人を一目見て微笑むと、そのまま宵闇の空へと消えていった。

 

あとには、老人と、

女神が残した黄金の雫だけが残されていた。

 

 

 


2017.05.20 Saturday

不要な種


説明が要るだろうか

私の意思に
私の道に

納得が必要だろうか

私の選択に
私以外の誰かが

繋いだ言葉と
貫いた意味に
重ねるは我が生命
ならば
それ以上も以下も要らない

不要な種
明日を見るよりも
今日を生き抜け
掴むのは夢の端
知らない誰かの手ではなく




2017.05.18 Thursday

世界を燃やそう

 

燃えろ!

 

どんなことだって

何だって

お前が燃えれば

世界も燃える

 

燃えろ!

 

お前が燃え上がれば

世界中に火が渡り

すべてが同じように燃え広がっていく

マッチポンプで十分だ

火消しが来たって構わない

 

燃えろ!

俺の頃のままに

 

燃えろ!

お前の思うままに

 

燃えろ!

誰にも愛されないと

嘆く前に歪んでいても

愛を燃やせ!

 

燃えろ!

 

燃え尽きろ!

 

 

 


2017.05.16 Tuesday

エンドレス・ファイア

 

叫んでも

叫びきれない

この思いは

熱となり

やがて風化してしまわないように

時を止める

 

エンドレス

 

描き続ける為には

何かを得続ける為には

創造の根底には

熱が要る

何物も何者も阻めない

焔のような熱が

 

歪み続ける心の底を

歪みながらも熱く保ち続ける

枯れ木に花は咲かないから

種を零し芽を吹け

昨日なんて

明日なんて

知ったことではない

 

 

 


2017.05.15 Monday

待たない

 

立ち上がるのは

いつだっていい

きっかけなんか

いくらでも転がっている

 

立ち上がれないのは

立ち上がる意志が無いから

きっかけを待っているから

待ちぼうけで過ぎてゆく

 

待たない

 

微かな希望でいい

ちいさな夢でいい
果てしなく遠い目標でいい

 

待っているよりは

ずうっとマシだ

 

 

 


▲top